ダラダラはイヤイヤな話

こんにちは、柳木イドムです。

皆さんは「一日を無駄に過ごしてしまった…」と思った事はありませんか?

したくない事ってなかなかやる気が出ずに、ついダラダラしてしまいますよね

今回は「ダラダラしない様にするには?」についてお話しさせて頂きます。

時間を無駄にしてしまうダラダラの理由

やらなければならない事をやりたくないと思うと、やる気が出なくてついダラダラして無駄な時間を過ごしてしまいますよね

柳木なんかはダラダラする事がとても多くて、夏休みの宿題とかは結局最後までしないタイプで「やらないとなぁ」と思いつつ結局ダラダラとした夏休みを過ごしていました。笑

でもこのダラダラしている時間がもったいないと思いませんか?

皆さんも頭ではもったいないという事を理解していると思いますが、それでもやる気が出ずにダラダラしてしまいますよね

では「なぜダラダラしてしまうのか?」について考えてみましょう。

自分達には生きていく上でやらなければいけない事が存在します。
それは生命機能を維持する為の食事だったり、お金を稼ぐ為の労働ですね。
こういった事は嫌であろうとやらなければ生きていけません

先ほども言いましたが、頭ではやらなければいけない事を理解しています。

しかし、心や感情ではやりたくないという思いの方が強いです。

頭で理解している事心で思っている事全く違うから混乱が生まれ、そういった混乱から心身の不調が現れるのだと思います。

つまりダラダラしてしまうのも、そういった不調から来るのではないかと考えています。

ダラダラを無くすには?

先ほど、時間を無駄にしてしまうダラダラの原因についてお話しさせて頂きました。

では次にダラダラを無くす方法について考えてみましょう。

柳木が思いついた事は2つです。

まず1つ目が「やりたくない、からやりたい に変える」方法です。

ダラダラしてしまうのも、頭と心が違っているからとお話ししました。
ならば、やりたくないと思う心を変えてしまえばいいのではないのでしょうか

具体的な方法として、やりたくない事をやるとどういった良い自分になれるのかをイメージする事を挙げます。

例えば、夏休みの宿題がやりたくないとします。
では夏休みの宿題をやる事で、自分にどういった良い事が起きるのかを考えてみましょう。
もし宿題が早く終われば、その分宿題を気にせずに遊べる時間が増えますよね。

この様にしたくない事にやるメリットを考えれば、やる気が出てきませんか

こうして心を前向きにしてしまうのが、1つ目の方法です。

 

そして2つ目が「とにかくやってしまう」方法です。

どういうことかと言いますと、気が進まない事を承知の上で、とにかく手を動かしてしまおうという事です。
これは意外と効果があると感じております。

ちょっと荒療治ですが、やりたくないという気持ちを一旦空にして、作業に取り組んでみて下さい。
手を動かしている内にどんどん作業が進んでいくのを感じると思います。

とにかくやり始める事でダラダラしてしまう時間の無駄を無理矢理無くしてしまおうというのが、2つ目方法です。

柳木は以上の2つの方法を、ダラダラを無くす方法として提案させて頂きます。
両方兼ねて使えると思いますので、同時にして頂いても良いと思います

まとめ

ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまうのは頭と心が違っているから

心や体を動かして、前向きに取り組んで無駄な時間を無くしましょう

今回は「ダラダラしない様にするには?」についてお話しさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

皆さんも是非、やる気が出ない時は今回お話しした方法を試してみて下さいね

もしかしたら、心身の疲れからやる気が出ない時もありますので、そんな時は思い切って「今日は休む!」と休んで下さいね。

有意義な時間を過ごせますように!柳木イドムでした。