悪意から避難せよ?

こんにちは!柳木イドムです。

今日は皆様の悩みの原因の一つとなっていると思われる他者からの「悪意」についてお話ししたいと思います。

「なぜ悪意を向けられてしまうのか?」「悪意にはどう対処すべきなのか」を柳木なりに考えてみましたのでどうぞお付き合いいただけたならばと思います。

 

悪意とは?

皆様も大小は関係なく、精神的に「辛い」と感じた事があると思います。
では「辛い」と感じるその原因は何でしょうか?

学校や会社等で行われる一方的ないじめ?
セクハラをはじめとしたハラスメント?

上記に挙げたような「人間関係が原因となる問題」が皆様の健やかな人生の妨げとなることがあります。

このように、他者は貴方に対して攻撃を仕掛けることがあります。
それはとても自分勝手な行動で貴方の気持ちなど全く考えない最低な行為だと思います。
こんな相手を思いやらない身勝手な行動を柳木は「悪意」と呼んでいます。

では、なぜ貴方は悪意を向けられてしまったのでしょうか?
もしかしたら、貴方が本当に相手に対して何か悪い事をしてしまったのかもしれませんがほとんどの場合は相手が貴方に対する思いやりの気持ちが少なかったのが原因です。

相手の行動が「悪意」だと相手が気付いていない事が「悪意」の一番の問題点なのです。だから、平気で貴方へ悪意を向けてしまうのです。

悪意にはどう立ち向かう?

それでは、貴方を平気で傷つけてしまう悪意はどうすればいいのでしょうか?

柳木の答えは「逃げてしまおう」です。

柳木も今までに悪意を向けられた事は少なくありません。
その度に「なぜこのような目に合わなければいけないのだろうか?」「どうすれば傷つかずにすむのであろうか?」と悩みました。
そして、柳木はふと、こう思うようになりました。

「他人の悪意は災害と捉えればいいのではないだろうか?」

地震、台風や津波のような災害は被害だけが残ってしまいます。
貴方が被害を受けたからといって、怒ったり、悲しんだりしても残念ながら災害は貴方に何もしてくれることはありません
貴方に向けた悪意の元凶に対しても
同じことが言えるのではないでしょうか?

その悪意を向けてくる人に対して、何かアクションを起こしたとしても、その人がすぐに悪意を止めてくださるかというと、悲しいことにそうではないということが多いと思います。

ですので、柳木は悪意を向けてくる当人を止めようとするよりも、被害にあわないように悪意から逃げる事に、力を入れた方がいいのではないだろうかと考えます。

では、悪意から逃れるにはどうすればいいのでしょうか?
具体的な方法でいうと転校転職などをして、今、自分がいる環境を変えてしまう事が重要だと柳木は思います。

なぜならば、自分がいる環境を変えることで、悪意を向けてくる人と関わることが無くなり、関わることさえ無くなれば、悪意がこちらに飛んでくることも無くなるからです。

「自分の環境を変えよう」と言われても、労力がかかりますので大変なことだとは柳木も思います。しかし、ずっと悪意に耐える事を考えると、少しだけ頑張って逃げる事に力を入れてみませんか?
悪意から逃れられた先には、心が健やかになった穏やかな日々が待っていると柳木は思います。

まとめ

・貴方の気持ちを考えない身勝手な悪意は災害のようなもの
・そんな災害には立ち向かわず避難することが大事。

悪意から逃れた先の貴方に幸せが来ることを祈っています。
柳木イドム