「笑顔」は最強言語?

こんにちは、柳木イドムです。

笑顔の人に出会うと、自分も笑顔になった経験はありませんか

いつでも笑顔の人はとても話しかけやすいですよね。

今回は「コミュニケーションと笑顔」についてお話しさせて頂きます。

表情が最重要?

柳木は相手とのコミュニケーションにおいて、表情が最も重要な要素だと考えています。

勿論、適切な言葉遣いであったり、相手の気持ちを思いやる事も重要です。

では例え話をします。

貴方は誕生日でみんなが家に集まりました。

そこでAさんが無表情のまま「おめでとうございます…」と言いプレゼントを、Bさんは笑顔で「おめでとう!」と言いプレゼントをくれました。

さて、貴方はどちらの方が好印象だったでしょうか

恐らくBさんの方が印象が良いと感じたのではないでしょうか?

しかし、Aさんは表情が豊かでは無いだけで、実は一生懸命貴方の事を考えてプレゼントを選んでくれており、逆にBさんは適当にプレゼントを選んでいました。

この様に、実際はAさんの方が貴方の事を考えていたのかもしれませんが、表情一つで、Bさんの方が好印象だと思ってしまいます

つまり、表情は目に見える分、言葉遣いや内なる想いよりも重視されるのではないでしょうか?

人は思ったよりも表情でコミュニケーションを取っているのかもしれませんね。

笑顔のコミュニケーション

先程の例で説明した通り、無表情よりも笑顔でいた方が相手に好印象を与える事が出来ます

普段からよく笑う方は問題ないのですが、表情が固い人は上手く笑顔を作る事が難しいですよね。

柳木もそうだったのですが「どうせ顔が恐いし」と無理をして笑顔を作る事がバカらしく感じるかもしれません。

でもやはり、無表情よりも笑顔の方が良い印象を与えますので、少しでもコミュニケーション能力を上げたいと思うのであれば、鏡の前で笑顔のトレーニンをしてみる事をオススメします。

コツは意図して表情を笑顔にするのではなく、つい笑ってしまった事を思い出して笑ってみる事で、それがナチュラルな笑顔となります。

無理な笑顔は逆に相手に心配をかけてしまうかもしれませんが、相手に自然な笑顔を見せれるようになれるといいですね

まとめ

コミュニケーションにおいて表情は重要

笑顔を見せる事で相手も笑顔になる

今回は「コミュニケーションと笑顔」についてお話しさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

表情は言葉が分からなくても通じ合える世界共通言語だと考えています。

自らが笑顔になって、周りの人を笑顔にしていきたいですね

作った自分の笑顔が不細工すぎて笑ってしまった事がある、柳木イドムでした。