ワリオが作ったゲーム!?

こんにちは、柳木イドムです。

突然ですが、ゲームって結構難しいですよね。

面白いのだけれども「操作を覚えるまでが大変」という事はよくある話です。

今回は簡単で誰でも楽しめる「あるゲーム」のお話しをさせて頂きます。

最多、最短、最速

今回、柳木がお話しさせて頂くゲームは「メイドインワリオ」です。

こちらは2003年3月21日に、ゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売されました。

ではメイドインワリオゲーム内容について説明させて頂きます。

ストーリーはマリオのライバルキャラであるワリオが、簡単にクリアできるミニゲームを集めたゲームを作りました。

そのワリオが作ったゲームというのが実際のメイドインワリオのゲームソフトという設定になります。

プレイヤーはワリオ達が作ったミニゲームを遊んでいくという訳です。

実際にプレイヤーがプレイするミニゲームは、5秒以内でクリアできるというシンプルな物で、それらをステージごとに決められた回数クリアできればステージクリアとなります。

最多と言えるほどの数々のミニゲームがあり、
最短と言えるほどの1つのミニゲームの時間が短く、
最速と言えるほどの次々と進んでいくゲームテンポ。

最多、最短、最速」のキャッチコピー通りのゲームがメイドインワリオです。

やって楽しい、見て楽しい

次にメイドインワリオの魅力についてお話します。

メイドインワリオには大きく2つの魅力があると柳木は考えています。

まず1つが「遊びやすさ」です。

メイドインワリオに登場するミニゲームの操作に使うのはボタンは、十字キーAボタンぐらいで、とてもシンプルです。

この十字キーとAボタンも同時に使う事はほとんど無く、針の穴に糸を通すミニゲームでは糸を十字キー上下に動かすだけですし、上から棒が落ちてくるので、それを掴むミニゲームでは掴むのにAボタンを押すだけです。

ミニゲームの制限時間が5秒なので「どう操作すればクリアできるのかすぐに理解できないのでは?」と心配されるかもしれませんが、どのミニゲームも最初に指示が入ったり、パッと見で理解できるようなゲーム設計になっているので、とても分かりやすいです。

操作も内容もシンプルで、ゲーム慣れしていない方でも簡単に楽しめる事が出来るのが魅力ですね。

そしてもう1つが「見て楽しい」という点です。

メイドインワリオに出てくるミニゲーム個性的な物が多いです。

例えば、鼻の穴に指をタイミングよくAボタンで入れるミニゲームは、成功しても失敗しても見ていて面白いですし、マリオを操作してクリボーを踏みつけるといった、任天堂の古いゲームの一部分を切り取ったミニゲームも見ていて面白いです。

実はCMでも一人がプレイして、もう一人が見て楽しんでいるシーンがあるのですが、CMの様に人がプレイしているのを見ていても楽しめるほど、ミニゲームが面白いのがメイドインワリオの魅力の1つだと思います。

今回は「メイドインワリオ」についてお話しさせて頂きましたが、ここまでご覧頂きありがとうございました。

因みにメイドインワリオシリーズ最新作「おすそわけるメイドインワリオ」がニンテンドーSwitchで発売されているみたいです。

お子様が居られる方はいかがでしょうか?一緒に楽しめる事は間違いなしだと思います。

今度父親にプレイさせて本当に誰でも楽しめるか実験しようと思った、柳木イドムでした。